時計

2013年12月11日 at 8:12 PM

美透明接着剤MJ199|透明なパーツを白化せずにかつ黄ばまないで接着する接着剤はないの?

時計のアクリル風防では通常固定パーツで固定するので使うことはないはずなのですが一応・・・

 

 

 

瞬間接着剤だと霜が下りたように接着面の際が白くなってしまいます。

かといって粘性のあるゼリー状の透明接着剤だと「気泡が入ったり」「固化すると若干黄色や茶色を帯びていたり」「ドロドロしているので糸を引いて透明パーツを汚してしまう」ことがあります。

 

 

 

完璧な透明接着剤はないので、自分で作ります。

ベースはGSIクレオスの「美透明接着剤MJ199」を用います。

美透明

 

 

このままだと透明度は高いのですが粘性が強く糸を引きます。

そこでラッカーシンナーを模型用の塗料空瓶に少量入れて、そこに美透明接着剤を加えて薄めます。

空瓶

 

 

使うときに必要量だけ模型用の塗料調合皿に注いでプラスチックのヘラで接着面に塗り少し乾かしてから接着します。

調合皿

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!