未分類

2012年6月5日 at 2:46 AM

海外レンタルサーバーhostmonsterでファイル操作 ~cPanel FileManagerの使い方

それではファイル操作をしてみましょう。

基本的にはcPanelのFileManagerより行うことができます。ご自分のパソコンで編集したファイルをFTPで転送する場合にしても一応覚えておいたほうがいいと思います。

1.cPanelより「FileManager」アイコンを押します。

FileManager1

2.画面がポップするので「Web Root (public_html/www)」を選択します。

3.Windowsのファイルエクスプローラみたいな画面が表示されます。今表示されている位置(/home?/ユーザアカウント名/public_html)にWebで見せたいファイルを置いていくことになります。

FileManager3

4.「New File」「New Folder」などのメニューより、Windowsのファイルエクスプローラと同じような操作でファイルの追加・リネーム・削除などができます。

FTPと同じような操作は「Upload」「Download」「Change Permissions」などのメニューより可能です。

 

特筆すべきなのは、ファイルの直編集もできるところです。標準で用意してある「default.html」を編集してみましょう

5.「default.html」を選択し、メニューの「Edit」を押してみましょう。以下のような画面が立ち上がります。まさしく「エディタ」になっております。

「エディタ」とは、HTMLなどのソースコードを記述するときに使う、Windowsのメモ帳みたいなものです。ただメモ帳でWeb上に掲載するファイルを編集すると差しさわりがでることが実はあります。それは「文字コード」の違いによるものです。

「文字コード」は文字を取り扱う際の文字の形式です。通常Windowsで取り扱う際は「shift_jis」と呼ばれる形式で保存されます。しかしWebサーバ上では「utf-8」と呼ばれる形式で保存するのが一般的です。この違いにより「表示文字が化けてしまう」などの支障が出てしまう可能性がでてきます。

「文字コード」についての詳しい説明は今は置いておきます。今は「File Manager」の「Edit」機能で保存する際の文字コードも選べるということだけ覚えておいてください。

6.とりあえずそのまま「Edit」ボタンを押します。あれ?何も表示されてませんね・・。それは中身が単純にないからです。なんか書いてみましょう。「Use text editor」ボタンを押すと入力補助がつきます

7.ためしに以下のように記述してみます。HTML構文の書き方については省略いたします。書き終わったら「Save Changs」ボタンで保存します。「Close」ボタンを押すと「Edit」機能を終了します。

<HTML>
 <HEAD>
 <TITLE>Hellow World</TITLE>
 </HEAD>
 <BODY>
 <P>Hellow World</P>
 </BODY>
 </HTML>

8.自分のサイトにアクセスしてみてください。「Hellow World」と表示されると思います。ちゃんと変更が反映されていますね!

http://ドメイン名/

このような形でほとんどの操作を「File Manager」上から行うことができます。一通り触ってみて慣れてみるとラクでしょう。

One Comment

  1. Pingback: 海外レンタルサーバhostmonsterでFFFTPを使用したFTP転送 | アフィリエイト収入

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!