時計

2012年11月17日 at 9:29 PM

南アフリカに高級時計をしていくと手首ごと切り落とされる

2012/1/8  アニヲタwiki ヨハネスブルグはこんな町

 

「ヨハネスブルグはこんな町」

・GDPはアフリカ大陸では最高
・一日に120人以上が殺人で殺される。
・警官の携帯火機はサブマシンガン
・年間200人の警官が殉職。
・半年で100人近くの警官がストレスから自殺。
・HIVキャリアは20%オーバー
・処女とセックスするとエイズが治るという都市伝説から0歳児すらレイプされる。
・金を出せと脅す強盗は聖者。ひどいのだと殺してから物を奪う。
・かの有名な火炎放射機による防犯装置付きの車がある町。
・↑の車から物を奪えないかムカつくという理由でロケットランチャーを放つアホがいる。
・レイプ・強盗・殺人の三冠も十分圏内
「ヨハネスブルグのガイドライン」

・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思ったら同じような体格の20人に襲われた。
・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた。
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体だった。
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた。
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する。
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった。
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」と出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた。
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた。
・最近流行っている犯罪は「石強盗」。石を手に持ち旅行者に殴りかかるから。
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味。
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。
・宿が強盗に襲撃され、女も「男」も全員レイプされた。

 

———————–

ボディーガードを雇ったらそのボディーガードに犯られたでござる・・・というのは有名な話。

治安の安定しない国に行く際は細心の注意を怠らないでください

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!