時計

2012年8月13日 at 11:37 AM

バーゼルワールド2008 マリー・アントワネット ブレゲ懐中時計160番 値段

2008年4月8日 マリー・アントワネット「懐中時計」の複製、スウォッチがバーゼルで発表

 

【4月8日 AFP】世界最大規模の時計・宝飾品見本市「バーゼルワールド2008(Baselworld、通称:バーゼルフェア)」が3日から10日まで、スイス・バーゼル(Basel)で開かれている。4日には、マリー・アントワネット(Marie-Antoinette)のために作られた金の懐中時計のレプリカが出展された。

 

■天才時計師ブレゲの傑作

ブレゲ(Breguet)の160番、また「マリー・アントワネット」の名で知られるこの時計は1783年にアントワネットがアブラアン・ルイ・ブレゲ(Abraham Louis Breguet)に発注したもの。18カラットのゴールドと水晶でできており、63個の宝石を付けた自動巻きの懐中時計だ。

最終的にこの時計のオリジナルが完成したのは1827年、アントワネット女王がギロチンに掛けられてから34年後だ。注文が入ってからは44年が経っていた。その悲話と、時計に凝縮された高度な技術によって、時計は早くも伝説になった。

 

復刻レプリカでも約50億円ほどというレアな時計・。トゥルービヨンというわけでもないし1個作れれば大量生産できそうですが、ブレゲの看板ですからしないんでしょうね

マリーアントワネット懐中時計

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!