時計

2012年8月7日 at 5:59 PM

タグ・ホイヤー セイコーから部品調達

2012年 03月 22日 ロイター セイコーから部品調達へ、「スイス製」の看板に問題なし=タグ・ホイヤー

 

仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーは
21日、日本の同業セイコーから部品を調達する方針を発表し、そのことが自社製品の「スイス製」という
看板を損なうことにはならないとの見解を示した。

スイスの時計業界では過去数十年にわたり、スウォッチ・グループがメーンサプライヤーとなってきた。
しかし、スウォッチが自社ブランドに集中したいとして供給削減を決めたことから、
タグ・ホイヤーなどの各社は急きょ、自社生産や、他のムーブメント、ダイヤル、ケースのメーカーとの
提携を模索していた。

タグ・ホイヤーによると、同社の「キャリバー 1887 機械式クロノグラフ」にセイコーインスツルから
調達した部品で構成したムーブメントを採用する予定。

ジャン・クリストフ・バビン最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、
「われわれは他社に先駆け、世界トップクラスの品質で知られるセイコーから調達した部品で
ムーブメントを生産するという透明性のある発表に踏み切った。
スイス製というブランドは高い品質と信頼性を保証するものだが、部品が100%スイス産という意味では必ずしもない
と語った。

タグ・ホイヤーはまた、同社がスイス時計学会の会員であるため、セイコーからの部品を調達するとの
決定によって自社製品の「スイス製」というイメージが傷つくことはないとしている。

—-

made in Swissスイスクオリティ-Swiss made)表記には支障を与えないものと思いますし、クォリティーについてはまるで問題を感じませんが、改めて公言されるとありがたみが失われるといいますか・・・

 

●made in Swissの定義

国外で製造された部品を一部使用することは許可されているが、全体の半分以上の部品はスイスで作られたものでなければならず、特に、組み立てと検査はスイスで行われなければならない

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!