時計

2012年9月26日 at 3:07 AM

明珍火箸の当たる涼しい音 ~セイコー クレドール スプリングドライブ ミニッツリピーター ソヌリ GBLS998

2011/04/28 読売新聞 SEIKO公式

2012/11/14 セイコー クレドール公式 MASTERPIECE

 

年差ではなく世紀差1秒という圧倒的な精度をもつスプリングドライブの年間数本の生産ラインで提供される最高峰機種。

 

時計メーカー「セイコー」(東京都港区)は27日、創業130周年を記念し、
兵庫県姫路市の伝統工芸品「明珍火箸(みょうちんひばし)」
風鈴の涼しげな音が時刻を知らせる腕時計を製作したと発表した。

価格は3465万円で、12月下旬に発売を予定しており、2011年度は3個作るという。

同社の依頼を受け、「現代の名工」に選ばれた時計職人の塩原研治さん(53)が
「独特の音で時を告げる腕時計が作りたい」と考え明珍火箸を製造する同市伊伝居の
「明珍本舗」の第52代当主明珍宗理さん(69)に協力を求め、約4年間かけて開発を進めてきた。

時計は直径42.8mm、厚さ14mm、重さ130g。
時計の横にあるボタンを押すと「チーン、チーン」と風鈴のような音色が楽しめる。

明珍さんは、時計内部にある約5mmのハンマーの衝撃で音を響かせる
「ゴング」と呼ばれる部品の製作を担当。
厚さ5mmの鋼を鎚で打ち付けて1.5~2mmまで延ばすなどして部品を作った。

明珍さんは「時計の繊細な仕組みの中で、伝統ある明珍火箸の技術が生かせてとてもうれしい」
と喜んでおり、塩原さんは「余韻を味わえる日本特有の音の響きにこだわった。
ゆったりとした気持ちで時の流れを感じてほしい」と話していた。

—-

 

 

 

 参考)セイコーエプソン塩尻事業所 訪問記

美しい音がなります。特注のお鈴は結構大きめなのに驚かされます。


 

品番 GBLS998
希望小売価格 34,650,000円
(税抜き33,000,000円)
ケース素材 18Kピンクゴールド
バンド素材 クロコダイル
販売数量 初年度3本

【ケース仕様】

・ガラス素材
:サファイアガラス(無反射コーティングつき)
・裏ぶた
:サファイアガラス(シースルーバック)
・ケースサイズ
:〔ケース外径〕 42.8mm 〔厚さ〕 14.0mm
・アフターサービス
:メーカー保証 保証期間2年間

【ムーブメント仕様】

スプリングドライブ キャリバー7R11

・巻上げ方式
:手巻
・時間精度
:平均月差±15秒(日差±1秒以内相当)
・巻上げ持続時間
:約72時間(ミニッツリピーター機構不使用時)
・その他機能
:パワーリザーブ表示機能
・石数
:112石

 

 

廉価版の「GBLQ998 SPRING DRIVE Cal.7R06 ソヌリ」も存在します。半額になりますがそれでもものすごい金額です。

  • 15,750,000円(税込み)
  • 18Kピンクゴールド

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!